高得点を獲得する為には練習は必須

フィギアスケートとは、技術面や芸術面などを競い合う競技でありますが、競技の勝敗を大きく決定づける技と言えばジャンプです。

ジャンプにも、アクセル、ルッツ、フリップ、ループ、サルコウ、トゥループと6種類のジャンプがあり、その種類によって難易度も様々です。

難易度の高いジャンプを成功する事が出来れば、高得点を獲得する事が出来、勝利にも大きく近づきます。6種類のジャンプの中で最も難易度が高いと言われていますのがアクセルです。

アクセルとは、6種類のジャンプの中で唯一前向きのまま踏み切るジャンプで、着地の際は後ろ向きとなっています。

ですので、他のジャンプよりも0.5回転多く回転するのが特徴となっており、ダブルアクセルは2回転半、トリプルアクセルは3回転半となっています。

アクセルの次に難易度が高いと言われていますのがルッツです。

後ろ向きで滑りながら助走を長くつけ右のトウをついてジャンプします。

後ろ向きでの滑走が長く、踏み切る際はアウトサイドエッジを使用しますので、助走方向とジャンプ方向が異なる為、難易度の高いとされています。

ルッツととても良く似ており、見分けるのが非常に難しいと言われていますのがフリップです。

ルッツとの違いは踏み切る際のエッジです。

ルッツはアウトサイドエッジなのに対して、フリップはインサイドエッジです。

前向きに滑走し、ジャンプする直前に後ろ向きになってジャンプするのが特徴的です。

比較的に難易度が低いとされていますループは、右足はアウトサイドエッジで、左足は少し前にだし勢いをつけてジャンプします。

ジャンプする際に椅子に腰かけたようなスタイルになるのが特徴です。

ループと同じく比較的の難易度が低いとされていますのがサルコウです。

基本的に助走方向とジャンプの方向が同じですので、助走の勢いをそのままジャンプに活かす事が出来ます。

ジャンプする際に足がハの字になるのが特徴です。

最後は、6種類のジャンプの中で最も簡単なジャンプとされていますのがトゥループです。

右足はアウトサイドエッジで、左足のトウをついてジャンプします。

助走を上手く利用する事が出来ますので、勢いがつきやすくジャンプもしやすいのが特徴です。

以上が代表的な6種類のジャンプですが、その他にもジャンプの技はあります。

例えば、コンビネーションや、シークェンスなどです。

コンビネーションとは、連続で2つ以上のジャンプを跳ぶ事なのですが、2回目のジャンプの際に着氷した足はそのままでもう片方の足と入れ替えてはいけない事、またエッジの変更も着氷した際の向きの変更も行わずに、なるべく素早く次のジャンプを行う事が条件となっています。

シークェンスは、コンビネーションとは異なり、2回目のジャンプの直前にステップを取り入れてから、2回目のジャンプを行います。

つまり、1回目のジャンプと2回目のジャンプの間にステップを行うと言う事です。

その際、ステップの回数には上限はありませんが、ステップ以外の要素を行う事は禁止とされています。

ジャンプと一言で申し上げても、このように技や難易度によって様々な種類に分類されている事が分かります。

技の種類や難易度を把握すると、フィギアスケートを見る際に、より楽しく観戦する事が出来るかと思います。