妖精のような素晴らしいエンターテイメント

アイスショーとは、アイススケートのリンクが舞台となり、そこで軽演劇やダンスなどの様々なショーを行う事を指しています。

アイスショーには、大きく分けますと二つの種類に分類されます。

一つ目は、主にスケートリンクの上で演劇を行うアイスショーと、二つ目は主にフィギアスケートのプロの選手の方やアマチュアの選手の方によって行われる、エキシビジョンプログラムのアイスショーの二つに分類されています。

日本では、1978年に現在のプリンスアイスワールドというアイスショーが初めて開催されました。

当時のの名前は「VIVA!ICEWORLD」として、約50名ほどのスケターの方で開催されていましたが、後に運営体制がプリンセスホテルに変更になった事に伴い、現在の「プリンセスアイスワールド」という名称に変更になりました。

日本国内で開催されていますアイスショーは、この「プリンセスアイスワールド」の他にも、「フレンズ・オン・アイス」や「ファンタジー・オン・アイス」、「ドリーム・オン・アイス」、「THEICE」などが挙げられます。

「プリンセスアイスワールド」はこれまでに、ハローキティやガチャピン、ムックなどとも共演を果たしており、お子様にも楽しんで頂けるアイスショーを開催しています。

また、キャストには2006年に開催されたトリノオリンピックで見事、金メダルを獲得した荒川静香さんなど、一流のスケーターが集結しています。

「フレンズ・オン・アイス」のアイスショーでは、「プリンセスアイスワールド」で活躍している荒川静香さんが中心となってプロデュースを行っているアイスショーとして注目を集め、新横浜スケートセンターで開催されています。

2014年に開催された「フレンズ・オン・アイス」では、オープニングのプロデュースをvoguejapanが演出し、出演しているスケターの方々がファッションショーのランウェイのように入場するという新しい演出が取り行われました。

また、2007年に初めて愛知県のモリコロパーク・アイススケート場で開催された「THEICE」のアイスショーでは、高橋大輔、羽生結弦、浅田真央、鈴木明子ら日本国内の一流選手以外にも世界各国の一流選手の方々が出演を果たしました。

その他にも「スターズ・オン・アイス」という、主に北米や日本で開催されますオリンピック金メダリストや世界選手権王者などの、超一流のスケーターの方々が集結するフィギアスケートのツアーがあります。

日本で開催されたツアーに出演者された日本人スケータには、織田信也、高橋大輔、羽生結弦、町田樹、安藤美紀、荒川静香、浅田真央、浅田舞、鈴木明子などの世界でも活躍する一流スケターの方々が出演を果たしていました。

また、ディズニー作品のキャラクターに扮したフィギアスケーターの方々が、映画のストーリーや音楽などの演出に合わせてショーを行う「ディズニー・オン・アイス」というアイスショーがあります。

日本では、1986年に初めて開催され、毎年夏から秋にかけて全国各地で公演が開催されています。

更に、日本以外の国では、約50か国以上の国で約10種類もの演目が行われているそうで、動員人数が約1000万人以上とされています。

元々、妖艶で華麗な演技を行うフィギアスケートでありますが、アイスショーではその妖艶で華麗な演技に素晴らしい演出が加えられることによって、更に見ている方々に感動を与えてくれるショーなのです。