カード賭博には絶対に手を出さない事

マレーシアは、東南アジア連合の中でも治安は安定している国家である。

その理由としては、暴動やテロも少なく、銃刀法に関しても厳罰が下るという理由で持ち歩いている人が少ないため、政治が行き届いている国であるからだ。

もしマレーシアに移住するとすれば、日本と同様に強盗や窃盗はある国なので施錠をしっかりするべきであるし、窓などには侵入を防ぐための鉄格子などをつける必要はあるが、旅行や短期での住まいの場合は、ホテルにいてしまえばそのような心配も少ない。

このように、日常生活は、ある程度日本と変わらず安心できる環境なのではないかと思われるかと思うが、ひとつ気をつけていてほしいのが詐欺である。

これは、実際に自分は被害にあったことはないのでどのような方法でというのはあくまで噂程度だが、下手をすれば命を奪われてしまう危険性もあるので注意が必要である。

その詐欺とは、カード賭博である。マレーシアでは基本的に、日本語の通じる人も少なければ日本語の通じるお店も少ない。

マレーシアの現地の人で日本語を話すことができる人をみるだけで安心してしまったりしがちだが、それが相手の狙いであり、流暢な日本語で話しかけてきて、こちらが油断したとわかったら観光の案内をしてあげるなどと言葉巧みに誘い出し、町外れの倉庫やマンションの一室に連れて行かれてカード賭博をうたせられるようだ。

最初のうちは低いレートで賭博を行うため勝たせてもらえるが、どんどんと回数を重ねて行くうちにレートが高額になり、ついには持っている現金では払いきれないような金額を請求されてしまい、カードなどで支払わざるおえなくなってしまう、というような手口なのだ。

日本人はお金を持っているというイメージを強くもっているので、このような被害も多いようなので十分に注意する必要がある。その他の犯罪として注意が必要なのが、上記でも記載した窃盗である。

携帯やパソコン、デジタルカメラなどは日本では一般的に流通しているものだが、マレーシアの人からすれば高額商品であり、富裕層しか持つことのできない贅沢品とされている。

そのため、ちょっと目を話したすきにと窃盗の被害にあってしまうケースがあとを立たない。ヨーロッパ等へ行く際も注意は必要なのだが、バックは必ず持ち歩くこと、バックの中には最低限の貴重品しかいれないことが非常に重要である。安全な旅行をするために、必要最低限の自分の身を守る方法は熟知しておくことが重要である。